忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私には何でも相談にのってくれる仲の良い姉がいるんですが社会福祉士として働きはじめ
半年ほど過ぎたあたりから仕事への苦労話をこぼすようになりました。
普段から真面目なタイプなのであまり弱音をはく人ではないんですが
社会福祉士の仕事は想像以上にストレスが溜まり苦労しているそうです。

あんなにも頑張って取得した立派な資格であり、そんな資格を伸び伸びと生かせるように
役所の就職試験も受け見事採用が決まって当初は大喜びしていたのが嘘みたいです。
まだ姉は33歳の独身女性なので職場の上司からも経験が浅いなんて指摘を受けるそうでへこんでいます。
何しろ相談に来られる人の大半が母子家庭の人なんですって~。
結婚もしていないし子供のいない姉ではどう考えても頼りにならない気がします。
専門的な知識だけでは相談にのれないんだと本人もぼやいています。

それにこの前から、ゴミ屋敷に住む人の相談員として現場に出向いて掃除を手伝う傍ら
屋敷の住人との意見の食い違いでストレスが溜まると悩んでますよ~。
近隣の住人から相談を受けたものでありゴミ屋敷の住人からすれば
突然、社会福祉士が来てゴチャゴチャ言われても頭にきますよね・・。
福祉となると幅広い相談者の話を受けなくてはいけないので本当に苦労するそうです。

今になって役所ではなく介護施設に就職した方が自分の性にあっていたかも何て言ってるし
めでたく資格を取得しても実際に働いてみると思うようにはいかないそうです。
PR
Copyright (C) 2018 社会福祉士として働く姉の苦労 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]